支援策が適用されない場合 | 開業資金を銀行融資 事業者ローンを受ける方法と選び方

 

支援策が適用されない場合

また、直接津波の被害を受けていない方にも、生活のうえで深刻な影響がでています。

人によっては、家だけは残っているので自宅に残り、避難所にいる人々よりももっと大変な日々を過ごしている方もいます。

また、原発から30から50km付近に住んでいて、避難が自主的であるために、被災者としては認定されずに異郷の地で心細い避難生活をしている人もいます。

こういう方は被災者向けの支援、融資を受けられない場合があります。

でも、体が元気で仕事さえ復帰できれば、または新しい職を見つけることが出来れば、また道は必ず開けてきます。

実質的には被害を受けているのに特別融資を受けられないときは、金利は少し高くなるでしょうが、カードローンに頼るのも一つのよい方法です。

失業していないことが条件になると思いますが、今足りないお金をすばやく借りることが出来るので、可能な方は利用してみてください。

 

目的別で探す

銀行ビジネスローン詳細 低金利ビジネスローン詳細 即日ビジネスローン詳細
個人事業ビジネスローン詳細 運転資金ビジネスローン詳細 不動産ビジネスローン詳細
つなぎ融資ビジネスローン詳細 おまとめビジネスローン詳細 無担保ビジネスローン詳細
注目のビジネスローン
ビジネクスト
ビジネスローンを扱う貸金業のなかでも注目度No1!自分に合ったビジネスローンならビジネクスト
カードローン一括一覧比較表
ビジネスローンを選ぶポイント
人気ランキング
楽天銀行スーパーローン
アコム
ビジネクスト
アイフル事業者ローン
モビット
目的別ランキング
設立年数で探す
有担保・無担保で探す
企業形態で探す
事業資金の調達
ビジネスローンとカードローン
国民生活金融公庫の利用
金融機関の選び方
東北沖地震について
ビジネスローン一覧
リンク集
基本メニュー